細胞の中で働く酵素

血液検査の時に気になる数値として、ASTとかALTってありますよね。これらが高いと、なにか悪いらしいと。
ASTは昔はGOTと言っていたもので、ALTの方はGPTといっていたものです。どちらも体内の特定の器官に存在する酵素です。

ASTのほうは肝臓や心臓、それから骨格筋の細胞の中で働いています。
ALTのほうは主に肝臓の細胞の中で働いています。

AST、ALTが高いということは

これらが血液検査で確認されるということは・・・つまり血液の中に出てきているということですね。

健康な人でも一定量は出てきているのですが、上記の場所への負担が大きい人は、よりたくさん血液の中に出てくることになります。
つまり、肝臓に大きな負担がかかっている人は、肝臓の細胞がそれだけ多く壊れ、
中にあったASTやALTが血液にまじるということになるわけです。

ASTは心臓や骨格筋にもありますので、ALTは低いけどASTが高いという場合であれば、心臓か骨格筋に問題があるのかもしれません。
両方が高ければ、肝臓が悪い可能性が高いですね。

他の数値ともあわせてみる

両方とも高く、それに加えてガンマGTPも高ければ、これはお酒によって肝臓が傷めつけられている証拠と言われます。
また、両方が高く、それに加えて総ビリルビンも高ければ、肝硬変の疑いもあるようです。

ASTよりもALTの方が高くなっている場合はC型肝炎の疑いもあるようです。

正常値は双方とも35以下ということですが、検査方法によっても変わってきますので、それは検査結果を確認しましょう。
低すぎる方は問題ありません。

数値が少し高いくらいなら、生活の改善でなんとかなりそうですけど、高すぎる場合は一刻も早く精密検査を受けるべきですね。