成分の量に注意

スルフォラファンのサプリメントはいろいろありますけど、多いのはアメリカ製のものですね。
アメリカ製のものの場合、中には成分表示がわかりにくいものがあって、実はスルフォラファン自体は
少ししか配合されていなかったというサプリもありますので気をつける必要があります。

そういうものと比べても、カゴメのスルフォラファンサプリメントは、
成分がしっかりしていますし、国内企業ということで安心な面があります。

単位に注意

たとえば、カゴメのスルフォラファンには1粒あたり10ミリグラムのスルフォラファンが含まれています。

これとは別のアメリカ製のサプリには「たっぷり1000mcg」なんて書かれてあります。
「たっぷり」とか「1000」とか見ると、「ああ、たくさん含まれているんだ」と思いがちですけど、
単位に気をつけなければなりません。「mcg」と書かれています。

1000mcg=1ミリグラムです。

だから多いように見えても、実はカゴメの10分の1だったりするんです。
そういう製品もよく見かけますので気をつけないといけませんね。

何の量なのかに注意

別のサプリは「3粒あたりブロッコリーが1000mg」と書いてあります。
今度は単位が「mg」なので安心かとおもいきや、「ブロッコリーが」と書いてあります。
スルフォラファンの量ではありません。

ちなみにブロッコリー100グラムあたり、スルフォラファンは12mg程度含まれています。

ということは、ブロッコリー1000mgだとどうなるか・・・1000mg=1グラムですから、スルフォラファンは0.12mgということになります。
スルフォラファンの量を見る限り、非常に少ないですね。

3粒あわせても、カゴメの1粒の80分の1未満となります。