真・流星胡蝶剣(燃えよドラゴンガンダム)とセリフ

機動武闘伝Gガンダムに出てくるドラゴンガンダムの必殺技です。第37話「真・流星胡蝶剣!燃えよドラゴンガンダム」で出てきた必殺技。

天才サイ・サイシー

ドラゴンガンダムを操縦するのはサイサイシーという拳法家、どうもまだ子供のようなんですが、強いんですね。天才です。

まだ子供なのに、ドモンが「唯一人、俺に相打ちを仕掛けた男サイ・サイシー」と認めているくらい。

で、そのサイサイシー、まだ子供なんですが、竹林寺に伝わる最終秘伝を会得してしまいます。

それが真・流星胡蝶剣

「竹林寺に伝わる」というか、「失われた少林寺最終奥義」となっていますね。

それを会得したんだからサイ・サイシーはやっぱり天才。

会得したと言っても、ゴッドガンダムにボロボロにされ、ギリギリの状態でサイ・サイシーが亡き父親を思い浮かべ、覚醒した形です。

真・流星胡蝶剣とセリフ

「天に竹林、地に少林寺! 目に物見せるは、最終秘伝! 真・流星胡蝶剣!」

全身をエネルギーに包んで突撃する必殺技。

さすが最終秘伝だけあって、その破壊力は爆熱ゴッドフィンガーを凌ぐものだったようです。

「命と引き換えに撃たれる」

と言われる必殺技ですから。

ガンダムファイトにおいても、これまで敗れることのなかったゴッドフィンガーと正面からぶつかり、これを砕いています

ただ、そこで勝ったとサイサイシーが油断したために、残った左手のゴッドフィンガーを食らって敗北してしまいます。

どんな必殺技か?

アニメでは、全身をエネルギーに包んでスピンしつつ頭から突撃する技になっています。

これまで破れたことのないゴッドフィンガーに頭から突撃するわけですから、男らしいことこの上ないです。

ですが、「真・流星胡蝶剣」という名前から考えると、本来は頭から突撃する技ではなかったのかもしれません。「剣」というくらいなので。

このときのドラゴンガンダムは、ゴッドガンダムにボロボロにやられていまして、すでに両腕がない状態でした。

それで頭から突撃、ということになったのかもしれません。

本来なら、頭の上にさらに剣を構えて突撃する技だったのかも。

不完全な状態でゴッドフィンガーを砕いたくらいですので、万全の状態ならゴッドガンダムの上半身くらい吹き飛ばしたかもしれませんね。(と妄想してみる。)

評価

使い勝手:D
破壊力 :A
男らしさ:S

サイサイシー自体はあんまり男らしく見えないのですが、頭から突撃する技ではありますし、最終秘伝ということで男らしさの点を高くしておきました。

使い勝手は・・・「命と引換え」というくらいなので、良くはないですね。

レッスン

相手に突撃する前にまず高く飛び上がる必要がありますので、徹底的にジャンプ力を鍛えてください。

走り高跳びでオリンピックに出られるくらいになるのが最低ラインです。

それができたら気功の修行もしましょう体に気をまとって突撃するわけですからね。

頭も鍛えておいてください。知能ではなく、物理的に。